輪郭の美容整形で理想の自分になれました

顔全体を専用のギプスのようなもので固定

具体的には、輪郭で悩み続けてきたことと手術を受けたいと真剣に思っていること、費用は自分で負担するので一時的に貸してほしいことなどです。
両親は驚いていたものの、私が以前から悩んでいたこと自体は知っていて、検討の末に認めてもらうことができました。
それからはクリニック探しを行い、信頼できる医師を探してカウンセリングを受けました。
クリニックを決めてからは、何度も受診して話を聞き、具体的にどのような仕上がりをイメージしているのかなどを共有しました。
それなりに大きな手術でダウンタイムもあったため、手術を行うのは、高校卒業後すぐのタイミングで決定です。
大学の入学式までの間に、ある程度術後の腫れは落ち着くだろうと考えていました。
そうしていよいよ手術日を迎えましたが、不安よりも今後の期待の方が大きかったのが正直な気持ちです。
手術自体は全身麻酔を使用して行うため、目が覚めたらすべてが終わった状態でした。
骨を削る手術ですが、メスを入れるのは口内からです。
そのため、見える場所に傷ができることはありません。
それでも輪郭周りに腫れが起こるため、顔全体を専用のギプスのようなもので固定していました。

輪郭を変えるために美容整形を受けたことがあります : 顔全体を専用のギプスのようなもので固定 : 美容整形を受けて本当に良かったと思っています